警備員を極める!


警備員のカリスマを目指して
by ecxyvydtxo
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月29日の総会で、来年度診療報酬改定で「がん患者リハビリテーション料」を新設することを了承した。手術などの急性期治療を受ける前か治療を受けた後、早い段階のリハビリテーションを行うことで、治療に伴う機能低下を最低限に抑え、早期回復を図る取り組みを評価する。また、「がん診療連携拠点病院加算」(入院初日400点)を引き上げる。

 このほか、▽「がん性疼痛緩和指導管理料」(月1回100点)の算定要件に、診療にかかわる医師は、国立がんセンター主催の緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修会などの修了者であることなどを追加する▽「緩和ケア診療加算」(300点)の施設基準を見直し、評価を引き上げる-ことも決まった。

 厚生労働省が提示した改定案によると、「がん患者リハビリテーション料」は、がん治療で入院中の患者に対して20分以上の個別リハビリテーションを提供した場合に、1日6単位を限度に算定できる。
 施設基準では、がん患者のリハビリテーションに関する経験がある専任の医師と、専従の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のいずれか2人の配置のほか、100平方メートル以上の機能訓練室やその他必要な器具の整備も求める。医師にはリハビリテーション研修受講の要件を課す。

 改定案への反対意見はなかったが、安達秀樹委員(京都府医師会副会長)は、すべてのがんではなく、食道がんなど具体的にある程度リハビリが有効なことが分かっているものを対象にすべきだと主張。嘉山孝正委員(山形大医学部長)は、こうした評価を導入した場合、リハビリを必要としない患者にまで実施されることを懸念し、算定に何らかの制約を付けるべきだと述べた。坂本すが専門委員(日本看護協会副会長)もこれに賛同し、研修を受けた看護師がリハビリに加わる必要性を主張した。これらの意見を踏まえて厚労省側は、次回以降、改定案を再度示す考えだ。


【関連記事】
【中医協】院内がん登録など充実へ「評価」を検討
【中医協】がん対策、評価充実の方向で一致
がん対策は診療報酬でも評価を−対策推進協が厚労相に提案へ
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定

留学生 長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)
春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」−鳩山首相(時事通信)
<鳩山首相>参院選にらみ地方行脚開始 栃木で農園など視察(毎日新聞)
温室ガス 政府、「条件付き25%削減」を確認(産経新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-31 17:46

今春の花粉飛散量 例年並みか少なめ(産経新聞)

 環境省は、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測(確定)を公表した。昨年末に発表した速報と同じく、飛散量は全国的に例年並みか例年よりも少なくなる見通し。昨夏の日照不足や低温などが影響した。

 飛散量が比較的多かった昨シーズンと比べると、一部地域を除き、東日本では20〜50%程度、西日本では20〜60%程度になると予測している。

 スギ花粉の飛散開始日は、東日本では例年より数日から1週間早く、西日本ではやや遅くなる見込み。関東や四国、九州では2月中旬ごろ飛散が始まり、東北南部、近畿、中国は2月下旬、北陸は例年並みの2月下旬から3月上旬、東北北部は3月上旬ごろになりそう。

今滝さん、行方不明直前はタクシーを連日利用 神戸の女性講師不明事件(産経新聞)
“鳥取詐欺女”6度目ついに殺人容疑で再逮捕!(スポーツ報知)
学習机は「可変型」が人気 組み合わせ自由、インテリア性も重視(産経新聞)
可視化研究会、5日から=捜査手法の向上も議論−警察庁(時事通信)
<つかこうへい氏>肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-30 02:42

「食の安心安全は豊洲では守れない」築地の現地再整備 参考人が訴え(産経新聞)

 築地市場(東京都中央区)の豊洲地区(江東区)への移転問題をめぐり、都議会経済・港湾委員会が26日開かれ、移転反対派の参考人招致が行われた。参考人の仲卸業者でつくる東京魚市場卸協同組合の山崎治雄理事は、独自につくった現在地での再整備案を示す考えを明らかにし、現地再整備は「絶対にできる」と訴えた。委員会では都が今月下旬〜6月下旬に実施する豊洲地区での汚染物質処理実験について説明した。

 山崎氏は「食の安心安全は豊洲では守れない」と強調。都の処理実験については「行政に任せずに、都議が選んだ人にクロスチェックをさせて。いい加減なやり方で進められたら、後悔するのは都民だ」と主張した。

 山崎氏はまた、晴海地区に青果部門を移転させ、跡地で水産物部門の市場を再整備するとの案も例示。「業界がいかに協力するかだ」と話したが、委員会を傍聴していた築地東京青果物商業協同組合の泉未紀夫理事長は「とんでもない話だ」と反発している。

 処理実験については、都の技術会議が決めた微生物処理などの方法で、高濃度の汚染が見つかった16カ所の土壌や地下水を処理することが説明された。

 委員会終了後、民主、自民両党で実験について意見が分かれた。増子博樹副委員長(民主)は「実験のクロスチェックは引き続き求めていく。実験内容が適切かどうかも議論しなければならない」と述べた。また、再整備案は経済・港湾委員会ではなく特別委員会で検討すべきとの考えを示した。

 一方、高木啓副委員長(自民)はクロスチェックは必要ないとし、「技術会議の実験に疑問を呈するなら、最初から技術会議の信頼性に疑問を呈するべきだった」と指摘し、技術会議メンバーの参考人招致を求める考えを示した。

【関連記事】
石原知事、築地市場移転「日本の技術を信用せずでは論外」
石原知事「築地、食品流通の市場」 都議会、観光地主張の民主と応酬
都議会参考人招致 築地移転で賛否
築地市場移転 4人の参考人決定 都議会委、19、26日に招致へ
築地市場でマグロ初競り 1本1600万円超も

自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
ふるさと牧場元社長に懲役12年 和牛商法詐欺(産経新聞)
<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協(医療介護CBニュース)
<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-28 20:48

元特捜検事・田中被告の控訴棄却…大阪高裁(読売新聞)

 刑事事件の依頼者から9000万円を詐取したとして詐欺罪に問われた元特捜検事で元弁護士・田中森一(もりかず)被告(66)(別の詐欺事件で服役中)の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。湯川哲嗣裁判長は、懲役3年(求刑・懲役6年)の実刑を言い渡した1審・大阪地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 判決によると、田中被告はオーナーだった地理情報会社の資金繰りに困り、2002年10月、出資法違反容疑で福岡県警の捜査対象だった貸金業の男性から相談を受けた際、「金を持っていることが警察にばれたら君が実質経営者とわかってしまう」などとうそを言い、預かり金名目で9000万円をだまし取った。

雑記帳 店丸ごと“エコ” セブン−イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】首相の罪 自治体に安保委ねた重いツケ(産経新聞)
寒さに強いぞ岩手県人、最も寒がり秋田県人(読売新聞)
診療報酬改定率受け、「財務省が非常に強い」−全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-27 10:31

<低額宿泊所FIS>新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)

 生活保護受給者向けの無料低額宿泊所運営団体「FIS」の幹部3人が、所得税法違反容疑で告発された事件に絡み、FISが08、09年に名古屋市と千葉市で無届け施設を開設していたことが分かった。届け出施設と同様のシステムで運営されているが、自治体が実態をチェックできない状態が続いている。厚生労働省は宿泊所の規制強化を検討しているが、水面下で「貧困ビジネス」が温存されるおそれがあり、対策が求められそうだ。【無料低額宿泊所取材班】

 FISは首都圏や愛知県で約20宿泊所(総定員約2000人)の開設を届け出ている。NPO法人としての認証も受けていないため、団体全体の収支を説明する資料はどの自治体にも提出されておらず、運営に不透明な部分が多いとの指摘があった。さらに、FISは行政のチェックが全く及ばない無届け施設を06年ごろに名古屋市中村区で開設したことが分かっている。FISの無届け施設は、確認されただけで3施設になった。

 新たに判明したのは、名古屋市名東区藤見が丘に08年8月ごろ開設された定員約50人の施設と、千葉市花見川区浪花町に昨年10月にできた定員108人の施設。いずれも社員寮を転用し、個室に間仕切りを設けている。1人当たりの居室は3〜4畳で、居室内に風呂やトイレはないという。入所者の大半が生活保護受給者で、毎月約12万円の保護費から約9万円の家賃や食費を払っている。

 名東区の施設の元入所者は、「保護費は銀行振り込みで受け取るが、理由の説明もないまま通帳を預けさせられ、8万8800円を毎月引き落とされた」と証言した。花見川区の施設の入所者によると、食事は希望制だが、ほぼ全員が3食の提供を求めており、保護費から家賃や食費として約9万円を徴収されているという。

 名東区、花見川区の担当者は、FISが運営しているのを認めたうえで、「実態は他のFISの施設と同じだが、届け出がない以上、アパートと受け止めている」(名東区)、「現行制度では自治体としては調査は難しい」(花見川区)と説明している。

 FISを巡っては、所管自治体に提出された一部宿泊所の収支に多額の使途不明金が計上されていたことが判明。これが告発された3人の所得になっていたとみられるが、無届け3施設の収支は一切公表されていない。

 ◇入所者がごみ放置、住民とトラブル…名古屋

 名古屋市名東区藤見が丘の住宅地に建つFISの無届け施設。周辺住民によると、08年の開設前にはFIS職員が近所をあいさつに回って「派遣会社の社員寮になる」と説明したという。

 開設後、調理場から悪臭がしたり、敷地内に生ごみが放置され、ねずみも発生。入所者が近所の公園に空き缶を捨てるなどの行為もあって、住民とトラブルになったという。施設の隣で電器店を営む松山一丸さん(60)が苦情を言うと、職員は素直に謝り、敷地内の生ごみが減るなど改善されたこともあった。

 名古屋市保護課によると、無料低額宿泊所を設置する際、運営者は都道府県や政令指定都市に届け出る必要があるが、無届けでも罰則規定はない。【山口知】

【関連ニュース】
無料低額宿泊所:FIS幹部3人を在宅起訴へ 脱税で
脱税低額宿泊所:入所者、月1〜4万円で調理・事務担当
無料低額宿泊所:実質運営者ら脱税容疑 5億円の所得隠す
傷害:入所者同士が口論 1人を逮捕 千葉・無料宿泊所
無料低額宿泊所:NPO法人 2年間、事業報告書提出せず

新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人を摘発 1都3合同摘発チーム120人投入   (産経新聞)
「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明(J-CASTニュース)
高校卒業者の進学率 6年連続で過去最高(産経新聞)
<通常国会>野党、日程協議に応じず(毎日新聞)
足立区でまた学力テスト不正、生徒に誤り指摘(読売新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-26 00:48

上野動物園 逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で(毎日新聞)

 東京都台東区の上野動物園で24日、「北限のサル」として国の天然記念物に指定されている青森県下北半島のニホンザル1匹が、この日から始まった一般公開の開始直後にサル山から逃げ、約6時間後に数百メートル離れた上野公園内の飲食店の地下階段で捕獲された。

 動物園によると、同日午前9時半ごろ、23匹が初の一般公開のため園内のサル山に放された。その直後に、うち1匹が高さ約4.5メートルの垂直のコンクリート製の壁を駆け上り、園外に逃げたという。

 動物園や上野署が捜索していた午後4時、公園内の飲食店「桜木亭」の地下倉庫への階段にいるのを店の清水利行代表(30)が発見、110番通報した。駆けつけた動物園の職員に網で捕獲され、動物園に連れ戻された。落ち着くまで、人目につかない個室で飼育されるという。

 清水さんは「黒いものが、信じられない勢いで走っていくのが見えて、逃げたサルに違いないと思った。捕まったあとは神妙そうにしていた」と同情していた。

 「北限のサル」は、ヒトを除く霊長類では最北端に生息。「スノーモンキー」とも呼ばれ、世界的に知られている。【市川明代、山本将克】

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
サル:襲われけが 鹿嶋で3件相次ぐ /茨城
モンキードッグ:猿…困った 農作物に被害、飼い犬で退治に挑戦
掘り出しニュース:ニホンザル 「健太」大往生、23年間ボスの座守る
<写真特集>サルの仲間も 毎日動物園

小沢氏の公設秘書、大久保被告の西松献金事件公判を延期 (産経新聞)
野口さん、アーム初操作=「地上訓練とそっくり」(時事通信)
荷崩れ トレーラーの生サバ、路上に散乱 大分自動車道(毎日新聞)
小沢氏の不動産視察へ 自民PT(産経新聞)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-24 23:29

国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)

 ハイチ大地震は18日で発生から1週間が過ぎた。同国のベルリーブ首相はこの日、家屋が全壊するなどの被害を受けた市民が150万人にのぼるとの見通しを明らかにした。被害が拡大する中、被災者の怒りは有効な対応ができなかったハイチ政府自身に集まっている。国連平和維持活動(PKO)を通じた政府機能の再建という試みが軌道に乗り始め、自立への一歩を踏み出そうとしていた矢先の大惨事。当事者能力を失った政府に代わり、国際社会はさらなる関与の拡大を迫られている。

 目の前に倒壊した大統領府を臨む首都ポルトープランス中心部の広場。一家でテント生活を強いられているジャン・マッケンジーさんは18日、「地震から1週間たっても、政府から水1本の支援も届かない。国連は、事務総長が大統領と会うより、直接被災者に支援物資を配るべきだ。さもなければ、すべてが横領されかねない」と怒りを込めて政府を批判した。

 ポルトープランスでは同日、崩れた大学校舎のがれきの下から6日ぶりに23歳の女子大学生が救出された。米CNN(電子版)が伝えた。携帯電話のメッセージで救助を求め、ペルーの救援隊に発見されたという。こうした朗報の一方で、被災者の不満や怒りはさらに増幅している。

 「西半球の最貧国」という形容がすっかり定着した昨今のイメージからは想像しにくいが、かつてハイチは地域の有力国のひとつでもあった。1975年12月、のちの米国大統領と国務長官のカップルとなるクリントン夫妻が新婚旅行先に選んだのは、カリブ海のリゾートとして高い人気を誇っていたハイチだった。

 当時、ハイチは1957年から続く軍事独裁体制下にあった。86年、父親から独裁を引き継いだデュバリエ大統領が国外に脱出し、独裁に終止符が打たれると、不安定化した政情が皮肉にもハイチを次第に貧困に追いやった。

 こうした中で、国際社会が選んだのが、PKOの国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)による国家機能の再建という道だった。2004年から始まったこのPKOについて、国連外交筋は「順調に成果が上がっており、PKOの中でも成功例とされていた」と指摘する。中心課題とされていた治安維持についても、1万人規模のハイチ警察の育成に着手。ようやく成果が見えだしていたところだった。

 MINUSTAHの一員としてポルトープランスに駐留するブラジル軍部隊のアラン・サンパイオ・サントス大佐は、ハイチ警察について「首都の治安維持を担当するブラジル軍と合同で実務にも参加するところまで来ていたが、地震の後は雲散霧消してしまった。われわれ国際社会の部隊はいつかハイチを去らなければならないが、その時期が大きく遠のいたことは間違いない」と話す。

 ハイチの政権に対する国際社会の評価も厳しい。ハイチを視察したことがある国連関係者は「指導者に、どうすれば国を豊かにできるかという視点がない。今回の地震の結果、これまで以上に国連の活動を拡大する必要が出てくることはまちがいない」と話す。

 1804年にフランス革命の影響を受けた解放黒人奴隷による反乱を成功させ、中南米で初めての独立、そして世界初の黒人国家樹立を成し遂げたハイチ人の気位の高さは、衆目の一致するところだ。一方で、そのプライドが国家再建の足を引っ張っているという見方も少なくない。

 ハイチ支援を話し合う国際会議が25日にも開かれる見通しとなり、新婚旅行以来ハイチには特別な思い入れを持ち続けているというクリントン国務長官が、国連ハイチ担当特使を務める夫のクリントン元大統領とともに支援をリードする。国際社会からの支援が結集されつつある中で、ハイチ政府は今度こそその存在意義を問われることになる。(ポルトープランス 松尾理也)

【関連記事】
ハイチ大地震で学校施設の半数全壊 心のケア、再生の課題に
ハイチ大地震で「ドクター記者」活躍中 外科手術も
ハイチ大地震 携帯メッセージで6日ぶりに女子大生救出
ハイチ大地震 豪、援助額を8億4千万円に倍増
最貧国コンゴがハイチ支援 

知事、ヘリ墜落当日に宴席=県幹部職員主催−岐阜(時事通信)
<介護報酬不正受給>松坂市が8000万円返還請求へ 三重(毎日新聞)
名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)
“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)
<プレゼント>新刊「もし、46歳でまさかの収入ダウンになっても手堅く稼げるお金儲けの本」を10名に(毎日新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-23 13:15

<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)

 厚生労働省は20日、新型インフルエンザワクチンの優先接種対象以外の健康な19〜64歳への接種について、35都道府県が今月中からの開始を決めたと発表した。茨城▽埼玉▽東京▽山梨▽滋賀▽京都▽鳥取▽岡山▽広島▽福岡▽沖縄−−の11都府県では19日までに接種が始まっており、大阪、北海道など24道府県も今月中に始める。2月開始は8県、時期未定が4県。

 現在流通しているのは国産ワクチンで、厚労省が15日、優先接種対象の各グループへの接種がすべて始まっていることを前提に、健康成人への接種前倒しを認めていた。20日に正式承認された海外2社の輸入ワクチンは、2月上旬から医療機関への供給が始まる。

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン接種後に呼吸困難や血圧低下46件
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
新型インフル:ワクチン接種後死亡100人超す 厚労省
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認
プレパンデミック(大流行前)ワクチン

裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)
寺に強盗、200万奪う=住職ら電気コードで緊縛−京都(時事通信)
震災意識調査 働き盛り、災害に無防備?(産経新聞)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-22 18:55

静岡県伊東市で震度4(時事通信)

 21日午前2時59分ごろ、静岡県で地震があり、伊東市で震度4の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は伊豆半島東方沖で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定される。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度4=静岡県伊東市
 震度3=静岡県熱海市、神奈川県真鶴町
 震度2=静岡県伊豆市、神奈川県小田原市、東京都大島町
 震度1=静岡県下田市、横浜市、東京都千代田区、埼玉県所沢市、千葉県館山市、甲府市。 

【関連ニュース】
北海道・根室で震度3
沖縄で震度3
北海道で震度3
岐阜と静岡で震度3
福島県で震度3

<日米外相会談>ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ(毎日新聞)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
<環境問題>経済優先のアジアでも関心高まる 博報堂調査(毎日新聞)
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-21 21:40

「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者(産経新聞)

 「小沢先生、すみませんでした!」

 平成16年12月、今回の事件の舞台となった東京都世田谷区深沢の土地から約700メートルの距離にある民主党幹事長、小沢一郎(67)の邸宅。民主党衆院議員の石川知裕(36)は玄関先で3時間にわたり、土下座を続け、涙ながらにこう繰り返したという。

 当時小沢の私設秘書だった石川は、民主党十勝が公募した衆院選北海道11区の公認候補に選出されたが、出馬に反対していた小沢には無断だったため、小沢の怒りを買ったのだ。

 石川は一時、小沢事務所を“出入り禁止”となり、翌17年9月の衆院選では落選したが、19年3月、比例代表北海道ブロックの民主党名簿で次点だったため、民主党議員の辞職に伴い、繰り上げ当選を果たす。

 国会議員となり、小沢事務所への出入りを許されたものの、“土下座事件”以降、石川は小沢に信用されなくなったという。大学在学中から書生として小沢氏の自宅に住み込み、車洗いや庭掃除などの下積みを続け、9年間も仕えてきたにもかかわらずである。

 小沢の元秘書は「小沢氏の秘書にとって小沢氏の命令は絶対で、背くことは許されないからだ」と語る。

 石川は日本一広い町村として知られる北海道足寄(あしよろ)町で、不動産業を営む父と母のもと、3人兄弟の末っ子として生まれた。2人の兄のうち、一人は医師。もう一人は不動産会社社長だ。

 「野球部の練習で砂だらけになったユニホーム姿のまま塾に駆け込み、みんなを冗談で笑わせる元気で物おじしない子だった」

 石川が小中学生時代に通った町内の塾経営者(57)は、こう振り返る。

 医者を目指し、難関校として知られる函館ラサール高校に入学。早稲田大学商学部に進学した。ここで、一転して政治の道を志す。

 早大の先輩で、当時小沢の秘書だった民主党衆院議員の樋高(ひだか)剛(44)を頼り、小沢事務所の門をたたいたという。書生を経て私設秘書となり、小沢の指示のもと、地元の北海道を含め、各地の地方選、国政選の手伝いをして回る。

 15年には足寄町長選に出馬した父とともに町内を回ったが、父は落選した。

 「『小沢一郎の秘書をしています!』と元気に回ってきた。当時はまだ衆院選に出るとは思わなかったが、清廉潔白な好青年に成長したなと感じた」

 石川の支援者の1人である町内の酒店経営者(69)はそう振り返る。

 石川はこの2年後、冒頭のように、衆院選に北海道11区から立候補した。周囲は一様に驚きを隠さなかった。足寄の国会議員といえば、新党大地の代表を務める衆院議員の鈴木宗男であり、さらに11区は財務相などを歴任した自民党の大物、中川昭一(故人)がいる。初代農水相などを務めた中川の父、一郎の代から半世紀近く盤石の地盤を誇っていた「中川王国」だったからだ。

 「やめときな」「中川さんがいるのに」「勘違いしてるんじゃないか」

 周囲の声は厳しかったが、石川は「政治はこれから自分たちの時代。頑張ります」と、農畜産業が盛んな選挙区内を長靴姿で回り、農家に泊まり込んで農作業を手伝うなど、必死の選挙戦を展開した。

 知人さえ「痛々しい」と感じるほどだったが、石川が小沢の秘書を始めたころから知る旧自由党関係者の男性(58)は、その決意の背景を「小沢先生の了解を取らずに出馬したからだ」と推察する。

 今回の事件を引き起こすきかっけとなったのは、12年に小沢の資金管理団体「陸山会」の会計事務担当者に就任したことだった。同時期、昨年3月に西松建設をめぐる違法献金事件で逮捕、起訴された公設第1秘書の大久保隆規(48)=公判中=が会計責任者となり、石川は小沢の“金庫番”である大久保を補佐する立場となった。

 これを機に、政治資金収支報告書の作成など、小沢の資金管理の実務を任される。大久保が逮捕された際には、東京地検特捜部から任意で事情聴取を受けた。

 この際、石川は特捜検事から「参考人ではなく容疑者として事情聴取する」と言われ、ショックを受けたという。

 厳しい聴取は大久保が起訴される直前まで計6日間に及んだ。石川は親しい知人に何度もこう愚痴をこぼしたという。

 「おれは小沢先生の指示で金を運ぶ係だった。『秘書として忠実にやれ』といわれたからやっただけなのに、なんでこんな目に遭わなければいけないんだ…」

            ◇

 政界の最高実力者、小沢の秘書だった側近がまた1人、「政治とカネ」をめぐる問題で逮捕された。事件の背景には、隠然たる小沢の「威光」が浮かぶ。小沢に服従する秘書やゼネコンなどに焦点を当てながら、その威光に迫る。(敬称略)

【関連記事】
石川議員逮捕、なぜこのタイミング? 最大の証拠隠滅「自殺」の恐れ…
特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 
小沢氏の「名代」大久保容疑者と、石川容疑者の“後輩”池田容疑者
石川容疑者、帝国ホテルから任意同行し逮捕 どこまで「親分」に迫れるか
石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 

パトカーに追われ逆送しトラックと衝突、男女2人重傷 栃木(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)
<山手線>東京駅で人身事故、運転見合わせ(毎日新聞)
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響−海洋機構や東大など(時事通信)
[PR]
by ecxyvydtxo | 2010-01-21 03:58
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧